不動産を駐車場に

不動産で家賃収入を得る

トップ / 不動産で家賃収入を得る

不動産の用語について

不動産の取引においてよく聞くことばに青田売りという用語があります。宅地の造成工事や建物工事が完成していない段階で広告を出して売りにかけることをいいます。売主が販売するリスクを回避するために事前に代金を回収する意図のもとで行われるものです。特に分譲マンションや分譲住宅などでよく行われるようですが、宅地建物取引業法のもとで建築確認前に広告を出すことや契約することは禁止されていますので必ず建築確認番号を確かめる必要があります。これがないと違法になります。これに対してマンションや住宅など不動産が完成してから販売されるものを竣工売りとか完成売りとか呼ばれていて適法です。

料金はどれくらい見積もるか

不動産をただ持っているだけでは、何も生み出さず、むしろお金が掛かるばかりです。多少なりとも遊んでいる土地があるのであれば、それを駐車場に変えてみるのはどうでしょうか。立地なものもあるかもしれませんが、どうせ遊んでいる土地だと割りきって、月極料金を安めに設定すれば、思った以上に申し込みが入るかもしれません。そうすれば、毎年やってくる固定資産税の足しになるのではないでしょうか。最初に多少面倒な作業がありますが、マンションやアパートとして不動産を資産運用するよりもずっと手軽で気軽なお小遣い稼ぎになりそうです。

不動産の買替に関する情報