マンションの定義

マンションの規模と構造

トップ / マンションの規模と構造

日本でのマンションの捉え方

マンションとアパートの線引きには、おもに規模と構造の違いによって定義されています。アパートの場合、小規模で木造構造の建物に対して、大中規模で鉄筋コンクリート構造と世間ではみなされています。これには、マンションには元来豪邸という意味があることから、不動産業者によって印象づけられた経緯があるためです。少なくとも3階以上で、鉄筋コンクリート造りの建物と捉えられており、分譲で販売されるケースが大半です。

不動産の買替に関する情報