不動産を担保にする

不動産の購入ローンを組む

トップ

つなぎローンが必要な不動産

不動産を購入するときには、つなぎローンの存在も覚えておくようしましょう。住宅を担保にするためには、住宅が完成していなければなりません。将来、建築される、というのでは、担保にならないのです。現実に、目の前にあって、金融機関の担当者が見て確認が取れる必要があります。正確には、住宅が建築されていて、登記簿に記載されている必要があるということです。ですから、土地だけがある状態で、これから住宅を建築するという場合は、住宅が完成するまでの間に、つなぎ融資と呼ばれる融資を行ってもらうことになります。不動産が土地だけの状態ならば、住宅完成時までの期間限定で、融資を繋いでもらって工事着工金の支払いを可能にする、というわけです。

勝どきで高級感のある賃貸物件はこちらです。
銀座まで徒歩圏内。目の前には豊かな隅田川の流れを望める最高のロケーションです。天井の高い内装で解放感もあります。

買取保証サービスは売却保証

買取保証サービスとは、不動産の買い替えを希望する顧客に対してのサービスです。住まいの買い替えを希望する方は、現在の住まいを売却をして、その売れた現金を元手に次の住まいの購入を考えるものです。もし元手と期待していた物件が売れなかった場合、顧客は購入を断念するしかありませんでした。そのことは不動産会社にとってもメリットではありません。そこで住まいの買い替えを希望する方が、現在の住まいの売却が希望する価格で売却できない場合、現在の住まいを買い取り保証或いは購入をする住まいのつなぎ保証をすることです。このことは両者にとってメリットがあります。

不動産の買替に関する情報